先生と生徒

生徒が憧れる塾講師になる│自分に合ったお仕事探し

自分らしい働き方

男性

小学生から大学生まで、塾に通って勉強をする子どもが増えています。それに伴い塾講師の需要も高まっています。この塾講師はその塾ごとに基準が異なっていますが、大学を卒業している人を主に採用しているところが多いです。また大学といっても4年生大学を卒業しているかどうか、また以前にも指導経験があるかどうかも採用基準となっているところもあるので、塾講師として働きたい場合には、その塾の採用基準を前もって確認しておきましょう。さらに塾によって、採用したい人材が常勤なのかアルバイトで非常勤なのか、また主婦や掛け持ちなど短時間、短期間なのかどうかも違ってきます。そのため、予め雇用形態も確認しておくことが求められます。求人情報のみで分からない場合、面接や説明会などで気になる点は質問してみましょう。

塾講師になるとき、教える年齢や科目も選べることが多いです。基本的には中学生や高校生含めて、受験対策で塾に通っている子どもたちに授業を行なうことが多くなります。ですが現在大学に在籍している、あるいは大学を卒業したばかりではなく、少し時間が経っていると、指導力に不安が出てくる場合もあります。ですが現在、塾講師として雇用してもらうときに、しっかりとした研修期間を設けているところも増えているので、安心して臨めるようになっています。生徒や保護者に慕われるような塾講師になれるように、またきちんとした環境で働けるように、塾選びはしっかりと行なうようにしましょう。

メリットが多い

男女

塾とは違い、実際に生徒の家に行くのが家庭教師です。社員ではなくバイトとして働くことが出来るだけでなく、自分のペースで働けるなど様々な利点があります。未経験であれば、研修をしっかりと行なっているところを探しましょう。

Read More

非常勤で働く

女性と生徒

社員として働くのではなく、塾アルバイトとして非常勤、あるいは短期間のみ働くことも可能です。ただどの場合もしっかりとした面接や模擬授業などがあるので、事前の練習や勉強はしておくといいでしょう。また教える以外の仕事も塾にはあります。

Read More

様々な形態

生徒と先生

塾には様々な形態があるので、自分に適した働き方を選べるようになっています。ただ塾講師になるときには形態のみならず、給与面やシフト、働く時間帯なども確認した上で応募するようにしましょう。

Read More